トントンの日生産者の方と給食を食べる会

砺波市学校給食センターは、砺波市17の幼稚園、小中学校で「トントンの日~生産者の方と給食を食べる会」を実施しました。

たかはた養豚(砺波市頼成)が提供した豚肉460キロを使った「となみのポークステーキ」を子どもたちが味わい、食べ物への感謝を深めました。

となみのポークステーキのたれには、砺波市内で収穫したニンニクが使われ、秋野菜のみそ汁や砺波市内産のコ シヒカリなど地元食材を取り入れたメニューが並びました。

庄南小学校では、全校児童263人が、たかはた養豚の高畠実会長や河西求市教育委員長とともに給食を味わいました。

児童は、たかはた養豚の様子を撮影した映像を観賞し、高畠会長へ質問をしました。

山岸杏さんが「高畠さんのおかげでおいしい豚肉が食べられている。これからも頑張ってください」と感謝を述べ、高畠会長は「皆さんの元気な顔を見るのがうれしい 」と話してくれました。



砺波市学校給食センター

砺波市学校給食センターでは、砺波市内の7幼稚園、8小学校、4中学校を対象に、約5030食分の給食を調理、配送しています。

〒939-1384 富山県砺波市坪内131-1

TEL 0763-32-3561

FAX 0763-32-1518

mail:kyushoku@city.tonami.lg.jp
トントンの日生産者の方と給食を食べる会 トントンの日生産者の方と給食を食べる会 Reviewed by I Kinoshita on October 17, 2013 Rating: 5
Powered by Blogger.