田邊来菜さん地球温暖化防止を訴えるビデオ優秀賞獲得

Tags

山陽女子高等学校3年田邊来菜さんらが製作した地球温暖化防止を訴えるビデオが、1分間の映像で社会問題へのメッセージを発信するコンテスト(日本ユニセフ協会主催)で準グランプリの優秀賞を獲得しました。

二酸化炭素(CO2)の排出を抑えるため、人々が呼吸を止めようとする世界を描いた作品。

作品のタイトルは「Stop!!!…breath…?!!(息を止めるcm)」。

CO2を減らすため、学校で息を止めるテストをしたり、呼吸すると教師に注意されたりする架空の世界を描き、女子高生らが「こんな苦労をしなくてもCO2は減らせる」と自動車の代わりに自転車を使うことなどを呼び掛けています。

山陽女子高等学校放送部の田邊来菜さんがシナリオや各場面の構成を考案。

5月に同級生、教諭ら20人と一緒に教室や学校周辺で撮影し、約1カ月半かけて編集しました。

コンテストは、全国の高校・大学生らが323作品を応募。

8月に東京で開かれた最終審査へ30作品が進み、田邊来菜さんらの作品は「ユーモアがあり、テーマも伝わりやすい」(日本ユニセフ協会)と評価されました。


Related article