キックバイク段ボールの組み立て自転車販売

Tags

諏訪サイクルプロジェクト(自転車による地域活性化を目指す諏訪地方有志の団体)が商品化を目指していた強化段ボール製の「キックバイク」の販売が始まりました。

ペダルはなく、足で地面を蹴って進む構造です。

諏訪サイクルプロジェクトは「小さな子どもが自転車に親しむきっかけになればいい」と期待をよせています。

本体は、前後が80センチ、サドル(座面)までの高さ34センチで、重さは約1・3キロ。

組み立て式で、ほぼ全ての部品が段ボール。

タイヤはゴムの代わりにウレタンを使用。

強化段ボールは、通常よりも耐久性があり、約30キロの重さまで耐えられるということです。

タイヤやハンドルなど60余りの部品を接着剤を使って組み立てます。

大人が手伝えば1~2時間程度で完成します。

諏訪サイクルプロジェクトは「親子でものづくりの魅力にも触れられる」とPRしています。



対象年齢は、2~6歳程度で、1台8400円。

独自商品は、昨年春に発表した木製フレーム自転車に続く第2弾。

段ボールなどを製造する岡谷市の林紙器製作所の協力を得て昨年12月から試作を重ねてました。


完成したバイクは、ペンや絵の具で色を塗って楽しむこともできます。

諏訪サイクルプロジェクト事務局の渡辺妃佐さんは「親子で工作してオリジナルの自転車を作ってほしい」と話してくれました。

下諏訪町御田町の情報発信・交流拠点「御田町サイクルステーション」と、諏訪サイクルプロジェクトのインターネットサイトを通じ販売。


お問い合わせは、諏訪サイクルプロジェクト事務局(御田町サイクルステーション内)

TEL: 080-9446-0521 (平日 9:00〜17:00)

E-mail : kisa@kii-tos.jp

御田町サイクルステーションHP http://www.cycle-station.jp/mitamachi/


段ボールキックバイク 工作キット

日本、いや世界初かもしれないこの「ダンボールキックバイク組立キット」。

強化段ボールという特殊な段ボールを使用しているため、子供が少々手荒に扱ってもへっちゃらです!

モノづくりの職人の知恵が結集し、半年以上にも及ぶ試行錯誤の開発期間を経て、ようやく完成しました!

この工作キットは、親子がいっしょに「つくる」ことを楽しみながら共有し、つくったもので遊んで欲しい!という想いで開発しました。

ただ、ダンボール製 = 安い という感覚から販売価格が高く思われがちです。

強化ダンボール、紙管、スポンジテープって思いの外高いのでご理解ください。

参考に「強化ダンボール」でつくられた商品ってビックリする販売価格なんです。(適正価格だと今は感じています)

※今後は、低価格帯のバージョンも検討していきたいと思います。

¥8,400 ※この価格には消費税5%が含まれています。※別途送料がかかります。

Related article