タイガーマスクからランドセル10 個届く!

Tags

岡山市こども総合相談所に「4年生になった岡山のタイガーマスク」と名乗る人物からランドセル10
個が贈られました。

岡山市内の百貨店で購入されたランドセルで、百貨店の従業員がタイガーマスクに代わって岡山市こども総合相談所に届けました。

岡山市こども総合相談所には、2011年1月と12月、2012年12月にも贈られており、今回で4回目。

前回は「3年生になった…」、前々回は「2年生になった…」と手紙で名乗っていたため、同一人物とみられます。

今年添えられた手紙には「つらいことや、しんどいことがあるかもしれませんが、がんばって下さい」などとつづられていました。

今月中旬、送り主と思われる人物から「今年もランドセルを贈りたい」と岡山市こども総合相談所に電話がありました。


電話がかかってきたのは初めてで、応対した出原晋一郎総務課長によると、男性とみられる声で「ランドセルは子どもの役に立っているか」と尋ね、「子どもへの善意の輪が広がってほしい」と話したということです。

今回のランドセルの贈り先は未定ですが、これまでに届いた26個は、岡山県内の児童福祉施設に贈られています。

Related article