パンダモン、災害用備蓄パン!くまモン

防災教育に力を入れているNPO法人ソナエトコ(熊本市、水野直樹理事長)は、災害用備蓄食の普及を図ろうと、くまモンの絵をあしらったパンの缶詰「パンダモン」を立案しました。

共同企画したギフト販売会社ブレイントラスト(熊本市)が「防災の日」の9月1日、販売を開始します。

NPO法人ソナエトコは、空き缶でご飯を炊く方法を教えるワークショップや講演会などの防災教育を実践しています。

備蓄食への関心を高めようと、パンの缶詰のギフト商品化を検討。

人気者のくまモンでアピールすることにしました。

缶(100グラム)の中身は、パイ風のデニッシュパン。

製造日から2年間保存できます。

NPO法人ソナエトコ理事の澤村知範さんは「大切な人へ防災食を贈ってほしい」と話してくれました。



パンダモンは、災害時の非常食として「もしものときに美味しく食べられるパンの缶詰」です。

パンの缶詰と言っても、中身はしっとりとしたソフトな食感のデニッシュパンなので美味しく食べることができます。

もちろん非常食としてだけでなく、キャンプや登山などのレジャーにもご使用いただけます。


プレーン味、メープル味、チョコ味の3種類をギフトセットにしました。

ご家族や大切な方、そしてくまモンが大好きな方に送ってみてはいかがでしょうか?


缶を空ければすぐに食べることもできますが、レンジで少し温めるとさらに美味しく食べることができます。



食べ終わったあとの空き缶は、部屋の片隅に置けば可愛いインテリアになります。

小物入れに最適です。
パンダモン、災害用備蓄パン!くまモン パンダモン、災害用備蓄パン!くまモン Reviewed by I Kinoshita on August 30, 2013 Rating: 5
Powered by Blogger.