七行器行列 会津田島祇園祭

Tags

会津田島祇園祭は渡御祭の7月23日、伝統の「七行器行列」が行われました。

あいにくの雨の中、あでやかな花嫁衣装に身を包んだ多くの女性らが祭りを鮮やかに彩りました。

豪雨のため1時間遅れて行われました。

例年、午前7時50分開始予定の七行器行列の開始時間が遅れるのは非常に珍しいそうです。

七行器行列は、お神酒や赤飯、鯖などの神饌を行器と呼ばれる器に入れて運びます。

神前に供え、御党屋本までの渡御を請う神聖な儀式とされています。

南会津町田島上町上側の田出宇賀神社御党屋本の細井一さん、熊野神社御党屋本の徳永哲朗さん方から、裃姿の男性と花嫁衣装の女性ら約100人が市街地を練り歩きました。

最終日の7月24日は、午後1時から田出宇賀神社神楽殿で太々神楽が奉納されます。



タイムスケジュール

7月22日 宵祭

◆オープニングセレモニー ◇正午

◆江戸下町職人展 ◇正午~午後10時30分頃

◆子供歌舞伎通し上演(予定) ◇午後1時前後

◆子供歌舞伎屋台上演 ◇午後4時~午後10時30分頃

◆大屋台運行 ◇午後4時~午後10時30分頃

7月23日 本祭

◆七度の使い ◇午前7時頃

◆七行器行列 ◇午前7時50分~午前8時30分頃

◆江戸下町職人展 ◇午前8時~午後11時頃

◆神輿渡御~還御 ◇午前10時30分~午後2時頃

◆子供歌舞伎屋台上演 ◇午後4時~午後11時頃

◆大屋台運行 ◇午後4時~午後11時頃

7月24日 太々御神楽祭

◆太々御神楽 ◇午後1時~午後3時

Related article