7/30/2013

カボチャの精・草間弥生

草間弥生(前衛芸術家)さんの新作「カボチャの精」が7月28日、香川県高松市中心部の複合商業施設、丸亀町グリーンのけやき広場にお目見えしました。

カボチャの精は、幅約1メートル、高さ約60センチ。

素材は黒御影石で、草間弥生さんにとっては初めて石で作った彫刻。

光沢のある石に穴を開け、草間作品の特徴である水玉模様やあふれるエネルギーを表現しています。

除幕式があり、草間弥生さんが「カボチャは人々の心を励ますように、愛と大地と宇宙を生命力で包んでいく。皆さんの幸福がここから導かれますように」とメッセージを寄せました。

作品の展示は、中心市街地のにぎわいづくりを目指す丸亀町グリーンが、直島町のカボチャのオブジェなど、香川にゆかりのある草間さんに依頼しました。


期間は「瀬戸内国際芸術祭2013」が閉幕する11月4日まで。

草間弥生さんは、カボチャをモチーフにした作品を数多く発表しています。

Related article