6/20/2013

六地蔵駅京都駅奈良線ホーム改良奈良線複線化2022年

JR西日本は、奈良線の複線化事業に合わせ、京都(京都市下京区)、六地蔵(宇治市)両駅のホームを改良すると発表しました。

京都駅の奈良線ホームは、橋上駅舎との連絡通路が1カ所で、朝夕の通勤・通学時間帯に混雑しています。

階段やエスカレーターを新設して連絡通路を増やします。

エレベーターも設けます。

ホーム幅を4~5・5メートル広げ、最大9・5メートル幅にします。

線路がカーブしている場所に立地する六地蔵駅は、複線化でカーブが緩和される京都方面にホームを移します。

車両とホームとの隙間を狭めるなど安全性の向上を図ります。

複線化対象区間ではない棚倉駅(木津川市)も線路を一部改良します。


JR西日本は、京都府と京都市など沿線4市2町と、JR藤森(京都市伏見区)-宇治(宇治市)間はじめ3区間を2022年度をめどに複線化します。

駅改良も2022年度までに終える予定です。

踏切に3次元で障害物を検知する装置などを設置し、踏切の安全性も高めます。

Popular Posts

Newsletter