美作は謎に満ちてあさのあつこからの挑戦状美作国建国1300年

美作国建国1300年記念事業のメーンイベントの一つ「美作国Theミステリー」のため、作家あさのあつこさんが書き下ろす推理小説のタイトルが「美作は謎に満ちて〜あさのあつこからの挑戦状」に決まりました。

物語の概要と合わせ、美作国建国1300年事業実行委員会が発表しました。

9月14日から来年1月31日にかけて行うイベントでは、観光客らが“探偵”となり、小説を片手に謎解きを楽しみながら美作地域の名所、旧跡を巡ってもらいます。




小説の主人公は折井円香(まどか)。

新進ミステリー作家の兄暁(あきら)が東京で転落死した後、円香のもとに暁から「自殺ではなく殺人犯が存在する。かつて美作国と呼ばれた地域に行け」との手紙が届き、真相を探るべく旅立つ―というストーリー。

小説の中で真犯人は明かされず、実際に現地を巡らなければ分からない仕組みとなっています。

製本した2万冊と電子書籍を9月7日から無料で配布・配信。

真犯人を当てた正解者には、抽選で「名探偵賞」が贈られます。


作家あさのあつこが、1300年の歴史・文化・風土その魅力に彩られた美作国を舞台に書き下ろす本格的短編ミステリー推理小説「美作国Theミステリー」。

その謎は、小説を読んだだけでは解けず、小説の舞台である美作国を訪れ重要なヒントを発見しなければならない仕掛けが施されています。

小説を読み、探偵となって美作国に出かけよう。

そしてあさのあつこが仕掛けた謎を見事解き明かしてください。

見事、謎を解き明かした名探偵たちのなかから抽選で名探偵賞をプレゼント!

http://www.mimasaka1300.org/

Related article