ナチュラルミネラルウオーターかかみ野の恵み

Tags

岐阜県各務原市は、今年市制50周年になるのを記念して、各務原市の水道原水を500ミリリットルのペットボトルに詰めた「ナチュラルミネラルウオーターかかみ野の恵み」を1万本作りました。

おいしい水をPRしようと、各務原市内のイベントで配布します。

各務原市によると、各務原市内の水道水は全て地下水で供給され、6カ所の採水場所があります。

各務原大地をゆっくりと浸透し、地下深くに蓄えられた水はミネラルを豊富に含み、おいしいそうです。

かかみ野の恵みは、飲料水メーカーの奥長良川名水(関市洞戸栗原)に製造を委託。

各務原市那加西市場町の西市場水源地の井戸からくみ上げた水を加熱や薬品処理をせず、微細な膜でろ過してペットボトルに詰めました。


事業費は、約120万円。

一般販売はせず、各務原市那加桜町の各務原市産業文化センターで6月30日に開かれる「環境行動都市市民推進大会」を皮切りに、各種イベントで参加者に配布されます。

Related article