動物追い払い用の花火を導入!農作物被害を防ぐ!

和歌山県古座川町は、対策が難しいサルの農作物被害を防ぐため、和歌山県内で初めて動物追い払い用の花火を導入することを決めました。

サルなどの有害鳥獣を追い払う場合に、講習を受けた区民に区長を通じて配られます。

6月24日に一回目の講習会があり、155人が参加しました。

古座川町は、4月に猟友会の会員で「サル被害等見回り駆除隊」を発足させ、隊員が巡回時に花火を使用したところ効果がありました。

試験期間を1年間設けて来年度から導入する予定でしたが、被害に苦しむ町民の意見が多く聞かれたため、本年度から始めることにしまあした。

猟友会の駆除に加え地域で花火による追い払いをすることで、被害をなくしたい考えです。

防護柵の設置は、サルが飛び越えてしまうため効果がないそうです。


花火は、三重県亀山市の伊藤煙火工業が和歌山県の委託を受けて開発したもので、長さ39,5センチ、直径2,2センチ。

約5秒間隔で5発、閃光(せんこう)と爆発音を出して火薬が発射され、約20メートル先で爆発します。

くいやひもなどで地面に固定したり、専用ホルダーを使って手で持ったりして打ちます。

火薬量は、ロケット花火の約20倍。

18歳以上で講習を受けた人でないと使用できません。

講習会は、古座川町高池の町民体育館であり、伊藤煙火工業の伊藤照雄社長が使い方を説明。

「できるだけ大勢で協力して使用することで被害を防げる」と話してくれました。

その後、参加者は、近くの河原に移動。

伊藤照雄社長社長の実演を見た後、希望者10人が手持ちで発射しました。

体験した古座川町池野山の農業、谷幸子さんは「これまではロケット花火や爆竹でサルを追い払っていたが、扱いにくく危険だった。この花火は簡単に扱えて5発打てるので、なかなか逃げないサルにも追い掛けながら何発も打つことができる」と話してくれました。

古座川町は、花火を500本購入する予定です。

区長の申請を受けて譲渡します。

講習は、今後も開き、使用者には、最低でも年に1回は受講してもらうようにするそうです。
動物追い払い用の花火を導入!農作物被害を防ぐ! 動物追い払い用の花火を導入!農作物被害を防ぐ! Reviewed by I Kinoshita on June 26, 2013 Rating: 5
Powered by Blogger.