大寒みそぎ 白山比咩神社

大寒の朝、白山比咩神社で大寒みそぎが行われました。

神職と一般参加者の15人が冷水に浸りました。

みそぎ場は水深約75センチの池です。

白山の伏流水をくみ上げています。

朝の水温は5度、気温は2度。

周辺の岩場には雪が積もっています。


男性はふんどし、女性は白装束で、鉢巻きをして臨みました。

参加者は「鳥舟」という舟をこぐ動作を繰り返して体を温めてから水に入りました。

胸元まで体を沈め冷たさに耐えながら、声をそろえて大はらえの詞を唱えました。

5分後に水から上がると、一様に体はほんのりと赤く染まり、すがすがしい表情が浮かんでいました。

大寒は二十四節気の一つで、一年で最も寒い時期とされています。



白山比咩神社

〒920-2114 石川県白山市三宮町ニ105−1

電話:076-272-0680

駐車場

表参道駐車場 約30台

北参道駐車場 約300台

南参道駐車場 約130台

白山比咩大神(しらやまひめのおおかみ)=菊理媛尊(くくりひめのみこと)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)の三柱。

五穀豊穣・大漁満足・開運招福・家内安全・良縁成就・交通安全・生業繁栄・学業成就・身体健全・夫婦円満・福徳長寿・家運長久・子孫繁栄・神人和楽。

Iklan Atas Artikel

Iklan Tengah Artikel 1

Iklan Tengah Artikel 2

Iklan Bawah Artikel