電子ルームミラー カメラモニター機能搭載

村上開明堂は、車の後部などに取り付けたカメラの映像を映すモニター機能を搭載した電子ルームミラーを開発しました。

従来のバックミラーのように運転しながら後方の映像を確認することができ、より視認性が高いのが特長です。

車の後部に設置したカメラで後方を見る「ハイブリッド インナーミラー」と、側面のドアミラーにもカメラを付け、後方と両側方の映像を三分割の画面で見ることができる「マルチ ミラーシステム」の二種類があります。

液晶モニターの上に、電源を入れると透過性のあるガラスになって映像を見ることができる業界初の「特殊ミラー素子」が貼り付けてあります。

電源を切ると鏡になり、事故で電源が喪失した場合やエンジンを切った際には自動でミラーに変わります。

「ハイブリッド」「マルチ」とも、後部カメラの下側にもカメラ機能が付いていて、バックして駐車する際は後方を従来品よりも広い範囲を確認することができます。

モニター機能の付いた電子ルームミラーは、日産自動車がオプション販売していますが、鏡とモニターの切り替えは手でミラーの角度を切り替える必要があります。

特殊ミラー素子は自動で切り替わり、モニターの映像を映す透過率も約五割向上し、より映像が見やすくなりました。

辻村春樹常務執行役員は「安全運転のニーズの高まりに対応して開発した。太陽光がミラーに入らないような工夫など、ミラーメーカーとしての技術の蓄積も生かした」と話しています。

「ハイブリッド インナーミラー」「マルチ ミラー システム」の量産時期は 2018 年度を予定しております。

株式会社村上開明堂

経営管理部 経営企画課 高嶋、小柳

電話: 054-253-1876

e-mail: takasima@murakami-kaimeido.co.jp



電子ルームミラー カメラモニター機能搭載 電子ルームミラー カメラモニター機能搭載 Reviewed by I Kinoshita on June 18, 2016 Rating: 5
Powered by Blogger.