山の神祭り 300年以上続く伝統行事

Tags

山の神祭りが熊本県人吉市大畑町で行われました。

山の神祭りは300年以上続く伝統行事で、無病息災を願い、地元の男の子たちが山の中でチャンバラ合戦を繰り広げます!

女の子が山中で3年続けて神隠しに遭ったという言い伝えを基に、山の神を鎮めるために始まったと伝えられています。

地元の子ども会(宮本隆博会長)が、町内会(松永賢而会長)の協力を得て受け継いでいます。


山の神祭りには、男の子6人を含め約20人が参加しました。

毎年、祭り当日に新調することになっている山の神のほこらを、かやや雑木を使って建て替えました。

神事の後、たき火でイワシを焼き、赤飯と一緒に食べます。

子供達は紅白に分かれて手作りの木刀をぶつけ合いながら下山しました。

Related article