11/16/2015

坂本菊 菊農家高坂音吉さん

滋賀県大津市坂本で特産の食用菊「坂本菊」の収穫が行われています。

坂本菊は、1200年前天台宗の開祖・最澄が唐(中国)から持ち帰ったとされる伝統野菜。

花びらが筒状で香りが強く、おひたしや酢の物、天ぷらなどにして食べられています。

菊農家の高坂音吉さんの畑では3000株を栽培。

天候や水やりに気を使いながら、直径3センチほどの花を一つ一つ丁寧に摘み取ります。

今年は好天に恵まれたため、色も形も良いということです。


高坂音吉さんは「今年は特に色づきが美しい。見た目も味も両方楽しんでほしい」と話しています。

摘み取った坂本菊は地元の西教寺で料理に使用されるほか、土産屋などで販売されます。

Related article