柔らかく踏んでも洗濯しても壊れないトランジスタ

Tags

国立研究開発法人、産業技術総合研究所ナノチューブ実用化研究センターCNT用途チームの関口貴子主任研究員と田中文昭元特別研究員は、衣類のように柔らかく、さまざまな負荷(伸縮、曲げ、ねじり、圧縮、衝撃)をかけても壊れないトランジスタを開発しました。

トランジスタは、三本足の半導体部品で、電気信号を増幅したり、スイッチとして動作します。

壊れないトランジスタは、金属のような硬い材料を一切使わず、微細な炭素の糸「カーボンナノチューブ」を利用。

伸縮性のある電極などを作り、シリコンゴムの基板に貼り合わせました。

トランジスタとしての性能は、従来にはない素材で、従来と同等レベル。

耐性試験では、ハイヒールギュッと踏んだり、車で踏んだり、衣類に付けて洗濯しても壊れず性能が保たれることを確認されました。

透明なシートを手にすると、柔らかでひんやりとした手触です。

トランジスタが12個入っており、回路が黒い幾何学模様を描いています。


衣類に付けて着た時、体の形に合わせて自在に変形でき、身体に与えるストレスも少なくてすみます。

今後は身に着けて健康管理につなげたいと、心拍や脈拍の測定など医療分野での実用化を目指します。

腕時計型などの情報端末「ウェアラブル端末」が注目されている中、医療だけでなく、スポーツメーカーからも問い合わせが来ているそうです。


ポイント

単層カーボンナノチューブ、ゴム、ゲルだけからなるトランジスタ。

全ての部材が一体化して変形するため、伸縮・曲げ・圧縮・衝撃を加えても性能を維持。

医療用センシングシステムや介護ロボットの皮膚への応用に期待。

ハイヒールで踏んでも洗濯しても壊れない。

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 ナノチューブ実用化研究センター

〒305-8565 茨城県つくば市東1-1-1 産業技術総合研究所 つくば中央第5事業所

TEL 029-861-4551

Related article