6/13/2015

庄内弁駅弁 めっこい巻計6品

新しい駅弁「庄内弁」の販売がJR鶴岡、酒田の両駅でスタートします。

庄内の豊富な食材を集めた駅弁がなかったことから、庄内観光コンベンション協会が開発しました。

遊佐町生まれのメジカで、鶴岡産つや姫のだだちゃ豆ご飯を巻いためっこい巻をメーンに計6品。

庄内を味わえる多様なメニューをそろえました。

庄内観光コンベンション協会から依頼を受けた食の都庄内親善大使でベルナール酒田の元総料理長土岐正富さんが、2月ごろからメニューを考案。

食肉や弁当などを扱うミートデリカ・クドーが調理を手掛けました。

めっこい巻に使うメジカは、オホーツク海で水揚げされる高級ザケ。

多くが遊佐町で放流されているということです。

あみえび魚醤に漬けて蒸し焼きにし、ご飯を巻いています。

一口食べれば、香ばしいサケの風味が一気に広がります。

もちもちしたつや姫に、だだちゃ豆の食感がアクセントになっています。

おかずは季節によって変わります。


現在は、庄内豚と庄内麩のすき焼き風、由良漁港の小鯛だしを使った山菜のおひたし、庄内産しそ巻、温海の赤カブ漬け、民田ナスのからし漬け、が入っています。

土岐正富さんは「食材がたくさんあり、メニュー作りに苦労したが、バランスよくできた。女性も食べやすいよう工夫した」。

ミートデリカ・クドーの工藤令子専務は「駅弁を通じ、庄内のおいしいものを発信していきたい」と話してくれました。

JR鶴岡駅、JR酒田駅でそれぞれ1日限定20個を1200円で販売します。


駅の弁当「庄内弁」絶賛販売中!

おなかも心も大満足!庄内の観光を楽しみながらの、美味しい弁当はいかがですか?

「食の都庄内」親善大使 土岐正富氏が監修した、庄内の食材もりだくさんの弁当です。

庄内へお越しの際は、ぜひご賞味ください。

販売場所 JR鶴岡駅、酒田駅の売店等(数量限定販売)

価格 1200円(税込)

お問合せ 庄内観光コンベンション協会(0235-68-2511)

Related article