4/07/2015

アミメキリン いと ハヤト

九十九島動植物園森きららに仲間入りした雌のアミメキリンいと(1歳)が一般公開され、雄のハヤト(4歳)と一緒に過ごす姿が披露されました。

九十九島動植物園森きららでキリンのつがいを飼育するのは7年ぶり。

いとは、2013年10月北九州市の動物公園到津の森公園生まれ。

繁殖のために森きららが譲り受け車で約4時間半かけて引っ越してきました。

いとは落ち着いた様子でハヤトと対面し、獣舎で一晩過ごした後展示場に姿を見せました。

緊張した様子はなく動き回り、ハヤトと触れ合う場面もありました。


いとは子どもで繁殖はまだ先。

飼育員の山本大樹さんは「元気な赤ちゃんを産めるよう、まずは大きく育ってほしい。神経質な性格のハヤトも積極的になってくれればうれしい」と話してくれました。


大きな地図で見る

九十九島動植物園

〒857-1231 長崎県佐世保市船越町2172

電話 0956-28-0011

Related article