4/03/2015

豆乳プリン ひみつのSOY+豆

山形県の長井市雇用創造協議会が、地元産大豆「秘伝豆」とジャムを使った「豆乳プリン ひみつのSOY+豆」を開発しました。

今後はレシピを公開し、提供店舗を増やして生産農家の拡大にもつなげていく方針です。

長井市雇用創造協議会は、厚生労働省の委託で、新たな雇用を生み出す環境づくりを目指しています。

その一環が加工品開発で、「馬肉ラーメン肉まん」「アスパラパスタ麺」に続く第3弾の商品発表となりました。

今回は、長井産農産物で癒やし系スイーツを作ることがテーマ。

長井市内飲食店や農家らと協力し検討を重ね、味や香りに特徴があり、ヘルシーな秘伝豆と、果実や野菜のジャムを組み合わせた豆乳プリンにチャレンジ。

豆の緑色を残してゼラチンで固め、こくを出すため生クリームを加えました。

この上にイチゴ、カリン、リンゴ、ニンジン、カボチャなどのジャムを乗せた2層スタイル。

発表会には約30人が参加。

さまざまなジャムのプリンを試食。

荒井莉花さんが考案した、ソフトな味わいのパッケージやラベルも紹介されました。

意見交換では「プリンに甘味があり、舌触りもよい」「香りがよく、ラベルもおしゃれ。長井の新名物にしたい」といった感想が出ていました。

1個60グラム入りを想定し、容器や価格帯などは未定。


製造・販売に関するお問い合わせ

長井市雇用創造協議会

〒993-0011 山形県長井市館町北6-27 TASビル3F

TEL:0238-87-0735

FAX:0238-87-0736

Related article