10/23/2014

箕輪町デジタルアーカイブ

箕輪町図書館は、町誌の「自然・現代編」と「歴史編」をデジタル化し箕輪町図書館ホームページで公開するアーカイブの運用を始めました。

読みたいページを単語から検索できる機能などがあり、自宅や学校で自由に閲覧できます。

長野県立図書館や長野県図書館協会などによると、市町村誌を全文検索できるデジタルアーカイブは長野県内で初めて。

箕輪町が小中学校で進める「ICT(情報通信技術)教育」にも活用する方針です。

自然・現代編は1976(昭和51)年発行で1086ページ、「歴史編」は1986年に編さんされ1333ページで、ともにA5判。

箕輪町図書館は2冊ずつ所蔵し、貸し出しもしていますが、使い込まれて傷んでおり、デジタル保存することにしたそうです。


箕輪町図書館ホームページの「デジタルアーカイブコーナー」から閲覧できます。

写真や文章を見て読み進めるだけでなく、さまざまな使い方ができるよう、各ページでメモしたいことを付箋のように画面上に表示する機能も付いています。

今後も貴重な郷土資料のアーカイブ化を長期的に進める考えです。


中箕輪尋常高等小学校(現箕輪町箕輪中学校)の集団登山で11人が亡くなった1913(大正2)年の中央アルプス駒ケ岳遭難、1992年完成の箕輪ダム建設に伴って水没した長岡新田集落などの資料を想定しています。

箕輪町図書館の平出広志係長は「子どもからお年寄りまで郷土をより深く知るのに役立ててほしい」と話しています。


大きな地図で見る

箕輪町図書館

住所:長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪10295番地1

TEL・FAX:0265-79-6950

デジタルアーカイブコーナー

http://www.town.minowa.nagano.jp/lib/lib0001_2.html

Related article