桐岡ナス 煮ても焼いてもフライでも

Tags

桐岡ナスの収穫が、特産地の佐賀県多久市で最盛期を迎えています。

桐岡ナスは、多久市多久町の桐岡集落一帯に戦前から伝わる野菜です。

重さは400グラム前後から最大約1キロ。

他のナスに比べて色味が明るく、ずんぐりとした形が特徴。

ふんわりとした柔らかさで、調理した時に皮の固さが気になることは有りません。

肉厚でとろっとした食感が特徴で、産直ブームに乗って15年ほど前から生産が本格化しました。

今では多久市内の農家二十数軒が、地元の直売所などに出品しています。


100株を栽培する多久町の毛貫茂さんと妻の和子さんは「今年は長雨による日照不足の影響で花が落ち、実の付きが良くなかったが、味は申し分ない。煮ても焼いてもフライにしてもおいしい」と話しています。

地元のうどん専門店「麺工房こうき」の店主、早田光希さんは「多久の特産品。PRに力を入れたい」と話し、桐岡ナスを使ったメニューを提供しています。

収穫は10月末まで続きます。

Related article