愛媛ブランド牛しっかりした食感

愛媛県が開発している愛媛ブランド牛の初めての試食会が松山市で行われました。

ジュースに使用したミカンの搾りかすを発酵させた専用飼料を与えた牛肉の味を中村時広知事らが確かめました。

開発事業は、ブランド化による農家収入の増加と肥育期間を短縮してコスト削減を図ろうと、2011年9月に着手。

女性をメーンターゲットに黒毛和種でありながら脂肪の少ない赤身重視の肉質を目指しています。

愛媛ブランド牛の試食会では、通常30カ月の肥育期間を27カ月と24カ月に短縮した2種類の牛のロース肉を夢クッキングスクールの梅田昌功校長がステーキに調理。

中村時広知事は「赤身ならではのしっかりした食感があり、肉のうまみも染み出てくる」と販売開始に向けて手応えを感じていました。



愛媛ブランド牛

牛肉はやっぱり黒毛和牛。

でも脂肪の多さから、家族の健康を心配される方も多く、愛媛県では新しい価値観に基づく「愛媛ブランド牛」の開発に着手しました。

発育及び肉質の遺伝的能力の高い雌牛を導入。人工授精や受精卵移植により、効率的に優秀な子牛を生産します。
愛媛ブランド牛しっかりした食感 愛媛ブランド牛しっかりした食感 Reviewed by I Kinoshita on September 05, 2014 Rating: 5
Powered by Blogger.