6/04/2014

串田美穂さん、松尾美来さん女性白バイ隊員

香川県警交通機動隊に2人の女性白バイ隊員が誕生しました。

巡査の串田美穂さん、松尾美来さんは公道デビューに向けて男性隊員に交じって特訓中です。

週末は、真新しい赤い制服で子どもたちに交通安全を呼び掛けています。

2人は「早く一人前になって、1件でも事故を減らしたい」と意気込んでいます!

2011年に警察官になった同期生の2人が白バイ隊員を目指したのは、香川県警察学校卒業後の交番勤務でした。

串田美穂さんは「小学生からの憧れだったが、事故が多い現状に思いが強くなった」

松尾美来さんは「スピード違反や交通マナーの悪さを肌で感じ、何とかしたかったから」

2人は、2年間の交番勤務の合間を縫ってトレーニングに励み、昨年10月に白バイ隊に志願。

応募者15人の中から入隊者5人に選ばれました。

白バイは、排気量1300cc、重さ約350キロ。

4月からは月2回、サーキット場でスラローム走行などを学んでいます。

体重の何倍もある白バイの運転にはまだ慣れず、エンジンで脚をやけどしたり、全身が筋肉痛に襲われるのが日課。

それでも、2人は「できることが増えるたびに楽しさを感じる」と目を輝かせています。


現場では、一人で違反を判断し、ドライバーに二度と危険な運転をしないよう指導しなければなりません。

本格デビューは先ですが、2人は「的確な指導ができるよう、幅広い知識を身に付けたい」「自信と誇りを持って任務に当たりたい」と事故抑止の最前線に立つ姿を思い描いています。

香川県警に女性の白バイ隊員が誕生したのは1998年で、これまでに4人が活躍しました。

2人は6月から先輩隊員のパトロールに同行する予定で、夢に向かって確実に歩みを進めています。

Related article