パワーショベルでごぼう収穫

大分市戸次地区特産のゴボウの出荷が最盛期を迎えています。

JAおおいた大分事業部ごぼう部会(藤内正光部会長)の農家8戸が計5万平方メートルで栽培。

出荷は、5月中旬から始まっており、作業は7月下旬まで続きます。

渡辺新太郎さんの畑では梅雨の晴れ間に収穫。

パワーショベルに乗り込んだ父の武弘さんが深さ1メートル以上の溝を掘り、新太郎さんが地中から手作業で一本ずつ引き抜いています。

この地域は昔、大野川の氾濫で流れ込んだ土砂が堆積した肥えた土壌ということです。


「風味が良く軟らかいのが特長で、安心安全な戸次ゴボウをぜひ味わって」と。

JAおおいた大分事業部によると、今年の出荷量は栽培面積の減少で前年より2割少ない約80トンの見込み。

大分県内をはじめ福岡、関西方面に出荷されます。
パワーショベルでごぼう収穫 パワーショベルでごぼう収穫 Reviewed by I Kinoshita on June 22, 2014 Rating: 5
Powered by Blogger.