Jun 11, 2014

シェールオイル採取、フラクチャリング手法

石油資源開発は、地下深くの岩盤に含まれる新型石油「シェールオイル」の試験採取を計画している秋田県男鹿市の福米沢油田で、掘削作業を報道関係者に公開しました。

原油採取には、国内初のフラクチャリングという手法を使う計画で、11月に産出テストを始めます。

フラクチャリングは、深さ1400メートル付近にあるシェール層近くまで掘った後、水平方向にパイプを送り込み、水圧で岩盤に亀裂を作り、隙間からにじみ出る原油を採取する手法。

アメリカでは一般的に採用されています。


シェールオイルの国内初の商業生産を開始した由利本荘市の鮎川油ガス田では、シェール層に塩酸を注入し岩盤を溶かす方法で原油を採取中。

大量生産には、フラクチャリングの方が適しているということです。

福米沢油田の掘削作業は、24時間体制で掘削工具のドリルパイプをつないで1日最長約200メートルずつ掘り進め、6月26日までにシェール層まで到達する見込みです。



フラクチャリングに向け、地中の岩石などの情報を基に原油の採取計画を作り、11月にも産出テストを始めます。

国内事業本部の横井悟副本部長は「鮎川では1日35キロリットルの生産量を維持しているが、福米沢では日量100キロリットルを目指したい」としています。

Love and Peace. All You Need Is Love.