May 4, 2014

餅ふみ、餅かるい

1歳の誕生日を祝う国東地方の伝統行事「餅ふみ、餅かるい」が国東市歴史体験学習館で行われました。

端午の節句のイベントの一環。

大分県内外から訪れた多数の親子連れが楽しみました。

年内に1歳となる乳児84人が参加。

5合のもち米でついた丸餅を風呂敷に包んで肩にかけられ、母親に支えられてもう一つの丸餅を踏みました。

足元の餅は、1升分で「一生、食べ物に困らないように」との願いが込められています。


小田原健太さん、美由貴さん夫婦は、生後半年になる次男晴真ちゃんと参加。

晴真ちゃんは、餅の上にしっかりと立ち、満面の笑み。

美由貴さんは「よく笑い、よく食べ、すくすく育っています」と話してくれました。

Love and Peace. All You Need Is Love.