女性の脚のようなタケノコ!八丁堤小島敏夫さん

さいたま市緑区大間木の小島敏夫さん方の竹林で珍しいタケノコが採れました。

近所の話題になっています。

タケノコは、根元から二股に分かれていて、見方によってはまるで黒い網タイツを履いた女性の脚のようです!

小島敏夫さんは「毎年5、60本のタケノコを採っているがこんな形のものは初めて」と話しています。

小島敏夫さんによると、最初に掘った時は片方が少し表面に顔を出していただけで、まさか根元の方でもう片方とつながっているとは思わなかったということです。

友人の橋本弘さんに見せたところ「これは珍しい。食べないでしばらく置いといて」と言われました。


さいたま市緑区大間木は、八丁堤と言われ、もともと竹林の多い場所。

江戸時代八代将軍の頃に度々洪水に見舞われていた見沼田んぼをかんがいするために築かれた長さが八町(約870メートル)に及ぶ堤から名付けられました。

堰堤補強のために竹が植えられたとされています。
女性の脚のようなタケノコ!八丁堤小島敏夫さん 女性の脚のようなタケノコ!八丁堤小島敏夫さん Reviewed by I Kinoshita on May 10, 2014 Rating: 5
Powered by Blogger.