4/20/2014

アルタ学校へ図書カードを贈ろう運動

アルタ・ホープグループは、111万7500円分の図書カードを佐賀県内31校に贈ります。

佐賀市で贈呈式があり、25校100万9500円分を佐賀市教委に贈呈しました。

アルタは、2008年度から「学校へ図書カードを贈ろう!」運動に取り組んでいます。

店舗に学校名が入ったレシート回収箱を設置し、買い物客が図書カードの寄贈を希望する学校を選んで投かん。

記載額の0・1%分を年度ごとにまとめ、図書カードを贈っています。

贈呈式では、アルタの池田龍二販売促進企画室長が「子どもたちが本を読んで想像力をつけ、(将来への)夢を見られるようになってくれれば」とあいさつ。

東島正明教育長は「小さい頃の読書習慣は将来にわたる人格をつくる。学校図書が増えるのはうれしい」と謝意を述べました。

「図書カードを贈ろう運動」は、小学生だった池田室長の長男が学校から借りてきた本がぼろぼろだったことがきっかけ。


池田室長が「地域貢献策として本を贈れないか」と思い立ち、役員に相談して始まりました。

これまでに佐賀市内の延べ147校に計514万9千円分を贈っています。

Related article