日本一早い茶摘み 種子島 松寿

Tags

種子島で新茶の摘み取りが始まりました。

若草色のつややかな茶葉は柔らかく、朝方の雨にぬれてしっとり。

鹿児島県熊毛支庁によると、露地栽培では、日本一早いということです。

西之表市古田・番屋峯集落の射場貴大さんは、甘い香りが特徴の松寿を25アールで栽培。

「冬の冷え込みが厳しかったので芽ぞろいがとてもいい」と一番茶の出来に大満足。

静岡市場に出荷されます。


番屋峯集落の茶栽培は、明治期に静岡から移住してきた茶農家が始めました。

Related article