アマゴ釣り解禁

Tags

和歌山県紀南地方の河川でアマゴ釣りが解禁されました。

まだ春浅い渓流で釣り人が早朝から竿を振っています。

漁期は、9月30日まで。

アマゴは、パーマークと呼ばれる淡い紫色の斑紋と、その上に散りばめられた鮮やかな朱色の点が特徴。

紀南地方では、コサメとも呼ばれています。

イクラやミミズ、川虫などを餌に釣るほか、ルアーや毛針で狙う人も。

日置川支流の前ノ川では、この日を待ちわびた人が夜明けとともに川に立ちました。

釣り人は、瀬やふちのポイントに餌を振り込んで魚の当たりに集中。

小気味よい引きを楽しんでいます。


上谷高司さんは、午前6時ごろから釣り始め、2時間半で15~20センチぐらいを3匹釣りました。

「いつもの年に比べるとペースが悪い。それでも空気は良いし、川を歩くのは運動になるし気持ちがいい」と話してくれました。

Related article