真舟小学校 建設費約25億4000万円

新年度に木更津市内の小学校としては33年ぶりに開校する木更津市立真舟小学校の建設工事が完了し竣工式が開催されました。

真舟小学校の周辺は宅地開発が進み人口が急増している地域で、既存の小学校では児童を抱えきれなくなっていました。

新校舎は、中庭のある開放的なデザインで、児童約600人でスタートします。

木更津市教委によると、新興地の請西南、請西東地区の人口増に伴い、既存の請西小の児童数は千人を超え、適正とされる学級数を大幅に上回っていました。

請西小までの距離も遠く、1時間以上かけて通学する児童もいました。

木更津市は、2011年10月に真舟小の新設方針を決め、木更津市内では1981年度の八幡台小の開校以来、33年ぶりの小学校の開設となりました。

新校舎は、鉄骨2階建てで、教室で囲まれた中庭に上履きのまま出られるなど開放的な建物。

建設費は、約25億4千万円。

真舟、請西南、請西東などが学区で、請西小と木更津第二小からの転入生と新入生の計約600人、20学級で始まる予定です。

今後の人口増も見据え27学級まで対応できるということです。





竣工式で木更津市の水越勇雄市長は「歴史ある請西、真舟地区と、新しい請西南、請西東地区を融合させた活気ある学校になるよう支援をお願いしたい」とあいさつしました。

いずれも地元在住で、校旗を寄贈した斎藤勇さんには表彰状が、校歌の作詞者・砂川風子さんと作曲者・萩本亜矢さんには感謝状が贈られました。
真舟小学校 建設費約25億4000万円 真舟小学校 建設費約25億4000万円 Reviewed by I Kinoshita on March 04, 2014 Rating: 5
Powered by Blogger.