Feb 26, 2014

平瀬温泉かってこ雪花火

平瀬温泉かってこ雪花火が、岐阜県大野郡白川村平瀬の温泉街で行われました。

迫力の大輪が観光客を魅了しました。

「かってこ」は、踏み固められて上を歩けるようになった雪の状態を指す同村の方言。

イベントは、地元有志らでつくる実行委員会が村民から協賛金を募って毎年開き、今年で9回目。

氷点下の冷え込みの中、4号玉やスターマインなど約350発が庄川の対岸から次々と打ち上げられました。

夜空に大きく広がる色鮮やかな花火に、観光客が見入っていました。




周辺では「白川郷鍋食い隊」が「白川郷飛騨牛すったて鍋」約500食分を振る舞い、地域おこし協力隊員が雪で滑り台を作るなど、住民が力を合わせて観光客をもてなしました。

関市の有志でつくる「白川村を愛する会」の会員も訪れ、親睦を深めました。

平瀬温泉かってこ雪花火は、厳寒の冬の景色と光の共演を楽しむ恒例のイベントです。

Love and Peace. All You Need Is Love.