館山城しゃちほこ復活

天守閣から落下し、壊れたままだった千葉県館山市の城山公園にある館山城のしゃちほこが、1年ぶりに復活しました。

しゃちほこは、陶器製で全長約90センチ、重さ約20キロ。

2013年1月5日朝、天守の東西に設置されていた一対のうち西側にあった1基の胴体中央部分から尾が外れ、落下しているのが発見されました。

本体部と尾を張り合わせて固定していた針金が腐食し、破損したとみられています。

埼玉県の業者が、東側のしゃちほこを取り外して型を取り、新しいしゃちほこを焼きました。

落下防止のため固定する針金も腐食に強いステンレス製に変更。

2月3日午前、クレーンでつり上げて頭部と接合し、天守閣に鎮座しました。

館山城は、里見氏の8代義康、9代忠義の居城跡に、1982年3月に建てられた模擬城。

八犬伝博物館として里見八犬伝関連資料を展示しています。

現在、建物も改修工事中で、3月上旬には完了する予定です。



開館時間

9時~16時45分(入館は午後4時30分まで)

休館日

毎週月曜日

・月曜日が祝日、振替休日の時は開館し、翌日休館

・火曜日が祝日の場合の月曜は開館し、その祝日の翌日休館

・年末年始(12/29~1/3)

観覧料

小/中学生・高校生:150円(100円) 一般:300円(250円)

※( )内は20名以上の1人当りの団体料金です

※分館の入館料で本館も観覧できます

問合せ先

〒294-0036館山市館山351-2

電話 0470-23-5212

FAX  0470-23-5213

E-mail hakubutukan@city.tateyama.chiba.jp

(城山公園 入園無料 問合せ 館山市都市計画課 0470-22-3612)
館山城しゃちほこ復活 館山城しゃちほこ復活 Reviewed by I Kinoshita on February 09, 2014 Rating: 5
Powered by Blogger.