大分県庁新館に広告スペース

Tags

大分県は、2014年度から大分県庁新館のエレベーター内に民間企業用の広告スペースを設けます。

施設を有効利用して歳入を確保する狙いです。

大分県の庁舎内で有料の企業広告を掲示するのは初めてのことです。

大分県有財産経営室によると、エレベーター4基の側面の片側に、B2サイズまでのポスターを張れるようにします。

新館は、上層階に食堂や大会議室があり、外部の人も含めてエレベーター利用者が多いため広告の需要が見込めるということです。

広告代理店を1月末まで募集しており、2月に入札をして1社と契約を結びます。


大分県の施設では、大分県運転免許センター(大分市)が2009年度から企業広告を掲示しています。

Related article