1/14/2014

A南彩菖蒲グリーンセンターイチゴ狩り

JA南彩 菖蒲グリーンセンターで、イチゴ狩りが始まりました。

外の寒さとは反対に、ハウスの中は春のように暖かく、イチゴの甘い香りで満たされています!

JA南彩 菖蒲グリーンセンターで受け付けを済ませると、契約農家までマイクロバスで送迎してくれます。

松本農園を営む松本勝宏さんは「練乳はつけずにそのまま召し上がって」と、味に自信を持って勧めています。

夏の暑さをしのぎ、秋から冬にかけて太陽の日差しをたくさん浴びるほどおいしくなるということです。

株で熟したイチゴを食べられることが、イチゴ狩りの醍醐味。

ヘタまで赤く、全体がツヤツヤと光り、表面のツブツブが飛び出しそうなイチゴを口に入れると、強い甘味のあとで程よい酸味が広がり、イチゴの香りが鼻腔ををくすぐります。

とちおとめならではのおいしさです!


上尾市から家族で訪れた小川恵美さんは「イチゴ狩りが大好きで、年明け一番に来て一年分を食べます。とても甘かった」と話してくれました。

イチゴ狩りは、5月まで楽しめます。


JA南彩菖蒲グリーンセンター

住所:〒346-0115 埼玉県久喜市菖蒲町小林227

電話:0480-85-4444

FAX:0480-85-4099

営業時間:9:00~18:00

Related article