1/10/2014

斎藤萌さん 吉田じかんプロジェクト

斎藤萌さん(富士吉田市地域おこし協力隊)は、富士吉田市内での過ごし方を紹介する吉田じかんプロジェクトを1月下旬から試験的にスタートします。

飲食店や観光スポットなどをPRする名刺サイズのカードを作り、富士吉田市内約10カ所で無料配布します。

カードは、縦9・1センチ、横5・5センチ。

表面は、飲食店のお薦めメニューのほか、観光スポットの風景や商品などの写真と「店主こだわりの絶品デザート」といったキャッチフレーズを掲載。

裏面は、紹介文、住所、電話番号を掲載。

店舗や観光スポット約60カ所のカードを作り、1カ所につき500枚作成。

道の駅富士吉田、富士吉田市内の宿泊施設などで配布。

5月以降は、カード製作を希望する店舗などから年間2万円を受け取り、カード製作後も商品売り上げの一部を「一般財団法人富士吉田みんなの貯金箱財団」に寄付してもらいます。


斎藤萌さんは「富士吉田の隠れた魅力をカードをきっかけに知ってもらい、観光客や市民に新しい市内での過ごし方を見つけてほしい」と話しています。

Related article