佐賀商業高校清掃活動

Tags

佐賀商業高校の2年生約230人が、学校周辺の清掃活動を行いました。

約1時間かけて道路のごみを拾い、街の美化に協力しました。

佐賀商業高校では、地域交流やボランティア精神の育成を目的に、学年ごとに年1回、校外清掃を行っています。

生徒たちは、6班に分かれ、佐賀県総合運動場周辺など学校から半径約1キロの範囲を清掃しました。

火ばさみとごみ袋を手に、道路に落ちているたばこの吸い殻や紙くず、空き缶などを拾い集めました。

住宅街には、ごみが少なかったものの、国道沿いの植え込みなどには多く落ちていました。

学校に戻った後は、美化委員を中心に燃えるごみやアルミ缶、ペットボトルなどに分類。


美化委員の副島大輝さんは「思った以上にごみが多かった。今後も自転車からのポイ捨てなどしないよう気を付けたい」と話してくれました。

Related article