12/01/2013

庄内町ギャラリー温泉町湯

山形県庄内町余目の国道47号沿いに整備が進められている庄内町温泉施設の愛称が「庄内町ギャラリー温泉町湯」に決定しました。

応募総数625点の中から選ばれました。

「町湯」をメーンに、町家造りの施設外観と「湯を楽しむ町家」がぴったりの名前です。

「多くの人でにぎわう温泉にしたい」と庄内町情報発信課。

来年6月に完成し、来年8月にオープンする予定です。

幅広い年齢層の人に愛着を持ってもらい、何度も訪れたくなる施設にしようと公募しました。

募集期間は、今年6月の約1カ月間で、庄内町内131点を含む山形県内計265点と、山形県外から360点が寄せられました。

山形町関係者7人でつくる選考委員会(大島文雄委員長)が1次審査で数点を選び、組み合わせや語呂の良さなどから、最終的に愛称を決定しました。



「町湯」は、東京都の吉田早苗さんが応募しました。

シンプルに「町にある温泉」を表現しています。

さらに、施設の特徴である土縁ギャラリーがあることを加味。

画廊、回廊の意味を込めて「ギャラリー温泉」をプラスしました。

「町湯」は、営業休止した旧余目温泉の源泉を利用。

鉄筋コンクリート平屋建てで、中庭を囲むように浴室や更衣室、露天風呂を配置する構造が特徴です。

サウナ、食堂もあります。

施設の延べ床面積は、約850平方メートル。

お問い合わせ

情報発信課 政策推進係

TEL:0234-42-0195

E-mail:johohasshin@town.shonai.lg.jp

Related article