12/06/2013

ケープペンギンの赤ちゃん3羽誕生!京都水族館

京都水族館で、絶滅の恐れがあるケープペンギンの赤ちゃん3羽が誕生しました。

飼育スペースに設置する巣箱で親ペンギンに大切そうに抱かれ、元気いっぱいに鳴き声を上げています。

ケープペンギンの赤ちゃんは、3羽とも体長約10センチで、体重は63.5~65.5グラム。

今期初めての出生で、11月26~30日に生まれました。

この時期特有のふわふわした灰色の綿羽に覆われ、親に口移しで餌をもらっています。

京都水族館では、ケープペンギン47羽を飼育し、10月初旬から繁殖期を迎えていました。

現在4個の卵があり、今月末から来年1月初めにふ化する見込みです。


飼育スタッフの山田彰乃さんは「初めて産卵したペアも協力して上手に子育てしている。この調子で元気に成長してほしい」と話してくれました。

ケープペンギンの赤ちゃんは、すくすくと育っています!

京都水族館

〒600-8835 京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)

TEL 075-354-3130(9時〜17時)

Related article