12/02/2013

渕田和希選手 目指せF1レーサー!

九州や全国で開かれるレーシングカートの大会に参戦し、将来はプロドライバーを目指す中学生が大和中学校2年の渕田和希君(14)=佐賀市大和町=。

幼いころから鍛えた操作技術と勝負勘を武器に、最高時速が約140キロに達するというマシンで夢へ疾走しています!

渕田和希君は、自動車販売業を営む父章彦さんの影響もあり、幼いころから車に興味を持って育ちました。

6歳ごろ、大分県で開かれたジュニアレーシング教室に参加したのがきっかけで福岡県のカートチームに参加。

熊本県山鹿市のレース場で腕を磨き、5年生でデビューを果たしました。




これまで20戦以上のレースを経験。

今夏、雨の中行われた九州シリーズ戦の予選は2番手からスタート。

「スリップをしないようなブレーキングなど、雨の中の運転は自信がある」という言葉通り、ハンドルが利きにくくなる水たまりのあるインコースを攻めて1位になりました!

決勝は、ポールポジションから逃げ切り見事に優勝。


9、10月は全国規模の大会に参加し、クラッシュに巻き込まれながらも奮闘しました。


「一見、カーブが緩やかに見えても、実際に乗ってみるときついコースもあって奥が深い」という渕田和希君。

冷静な走りが好きというF1トップドライバーのセバスチャン・フェテル(ドイツ)を目標に、プロの夢に向かって努力を続けています。

Related article