ふじ目揃い会

Tags

富山、射水両市にまたがる池多地区で栽培されたリンゴの主力品種「ふじ」の仕上がり具合を確認する目揃い会が富山市西押川の池多農業振興会館で行われました。

富山県高岡農林振興センターによると、今年は八月の気温が高く晴天が続いた影響で、糖度が例年に比べ増している、とのことです。

出荷が始まり、十一月中旬が収穫の最盛期となります。

十二月中旬までに平年並みの二百トンの収穫を見込んでいます。

目揃い会では、池多りんご生産出荷組合の組合員三十六人が、収穫時期を表したカラーチャートとリンゴの色合いを見比べたり、病害虫の被害にあったリンゴの状態を確認し、収穫方法を学びました。


林唯一組合長は「池多産リンゴのブランドを守るために、いい物を収穫し出荷してほしい」と呼び掛けています。

Related article