猛暑 アルゼンチン

Tags

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスのマウリシオ・マクリ市長は、猛暑によって電力供給が大きく乱れていることを受け非常事態を宣言し、政府に対して救援を求めています。

アルゼンチン中央部ではすでに2週間にわたって猛暑が続いており、電力供給の限界を超えることが続いています。

被害者の数などについて正確なことはわかっていませんが、土曜日の時点で8000軒の商店で停電しているといことです。


8000軒は、首都に登録されている店舗の25%にあたります。

Related article