白いタヌキ、池田動物園へ!

鳥取県で全身の毛が白い野生のタヌキが捕獲され、岡山市北区京山の池田動物園で引き取ることが決まりました。

池田動物園は、専用飼育舎の確保など受け入れ準備を進めており、今月半ばにも一般公開されます。

緑豊かな自然課によると、体長約40センチの雌で推定1歳。

メラニン色素が作れないアルビノと異なり、もともと色素が少ない白変種といい、10月15日男性が牛舎に仕掛けた害獣の捕獲用わなの中で見つけました。

連絡を受けた鳥取県は、衰弱していたため放獣せず一時保護。

その後、鳥取市で開催中の都市緑化フェアでお披露目しましたが「小さなケージに入れられ、かわいそう」といった声が寄せられていました。

「捕食能力が低く、放獣しても生存率は低い」とする獣医師の意見もあり展示を中断。

飼養経験豊富な池田動物園へ引き渡す運びとなりました。


白いタヌキを迎えるため池田動物園は、飼育舎の改修に着手。

11月15日までに引き取りを終えて公開します。

忠政智登士副園長は「早く岡山の空気に慣れてもらえるよう、おいしい食べ物を準備したい」と話してくれました。


池田動物園

岡山市北区京山2―5―1

Tel 086‐252‐2131

Fax 086‐254‐6962
白いタヌキ、池田動物園へ! 白いタヌキ、池田動物園へ! Reviewed by I Kinoshita on November 02, 2013 Rating: 5
Powered by Blogger.