白いスズメ発見!

全身白色のスズメが岡山県奈義町柿で見つかりました。

入澤實さんが撮影に成功しました。

かつて美作国が朝廷に献上したとされる珍しい鳥で、今年は美作国建国1300年だけに「節目の年を祝うかのよう」と話題になっています。

入澤實さんが、奈義町総合運動公園付近で1羽を発見。

茶色のスズメ約50羽と群れで飛び回り、収穫前の稲穂をついばむなどしていたということです。

約10メートル先のガードレールなどに止まったところを400ミリの望遠レンズで撮影しました。

「遺伝子に何らかの変異や欠損があったとみられるが、年に数回報告がある程度で珍しい」と日本野鳥の会。

津山郷土博物館などによると、建国間もないころ白いシカやスズメなどは吉兆をもたらすとされ、美作国が平安時代、朝廷に贈ったとの記述が古い文献に残っています。


入澤實さんは「初めて見た。何か良いことがあるかも」と話してくれました。
白いスズメ発見! 白いスズメ発見! Reviewed by I Kinoshita on October 06, 2013 Rating: 5
Powered by Blogger.