リニアを、京都へ。京の会

リニア中央新幹線の京都誘致に向け、京都府内の寺院や観光団体などが民間組織「『リニアを、京都へ。』京の会」を立ちあげました。

4000枚のポスターを作成し、京都市東山区の高台寺で、門川大作市長に贈呈しました。

豊臣秀吉の正室、北政所=ねね=の菩提寺で知られる高台寺は、明治期に「鉄道建白書」を記し鉄道の先覚者と呼ばれた医師、谷暘卿の墓所が塔頭にあり、国鉄時代には鉄道の安全祈祷を行っていた経緯があります。

観光庁の「VISIT JAPAN大使」を務める後藤執事長が中心となって結成。

「八坂の塔」で知られる法観寺や建仁寺のほか、西陣織工業組合や京都観光旅館連盟など約60団体が名を連ねています。


ポスターは、伏見城の客殿をコンピューターグラフィックス(CG)で再現したデザイン。



呼びかけ人で、京都観光おもてなし大使でもある後藤典生高台寺執事長は「国内外のお客さまを迎えたい、という思いを込めた」と説明。

今後は、署名運動などを展開し、国に要望書を提出する予定です。
リニアを、京都へ。京の会 リニアを、京都へ。京の会 Reviewed by I Kinoshita on October 29, 2013 Rating: 5
Powered by Blogger.