JR石巻線浦宿-女川間2015年春運転再開 女川温泉ゆぽっぽ

東日本大震災で被災し、休止している宮城県女川町のJR石巻線浦宿~女川間について、JR東日本は、2015年春に再開する方針を明らかにしました。

女川町が中心商業エリアの再生を宣言する「まちびらき」に合わせました。

浦宿~女川区間の再開で石巻線は全面復旧します。

商業エリアの中心となる女川駅は、約150メートル内陸側に移設され、浦宿~女川区間の営業距離は約2.4キロと約200メートル短くなります。

女川町は、土地造成や駅舎建設、周辺インフラと交通広場の整備を実施し、JR東日本は、線路や信号、プラットホームを整備します。

女川駅は、5~6メートルかさ上げした土地に建設します。

鉄骨一部木造3階で、震災前に駅に隣接していた町営温泉施設「女川温泉ゆぽっぽ」も入ります。


駅舎部分は、JRに有償で貸与されます。

建設費は、約7億2000万円の見込みです。


JR東日本と女川町、女川町役場で復旧工事に関する確認書を交わしました。

記者会見したJR東日本仙台支社の西野史尚支社長は「被災区間の復旧は乗客の安全確保が大前提。町の土地造成計画が明らかになり、まちびらきに合わせて運転再開できると見込んだ」と。

須田善明町長は「再開時期を明言してもらい、ありがたい。前提となる造成工事は町が責任を持って進める。駅と温泉が一体となった施設を整備し、多くの人が集える場にしたい」と話しました。
JR石巻線浦宿-女川間2015年春運転再開 女川温泉ゆぽっぽ JR石巻線浦宿-女川間2015年春運転再開 女川温泉ゆぽっぽ Reviewed by I Kinoshita on October 27, 2013 Rating: 5
Powered by Blogger.