横川シネマ、横川商店街振興組合が運営!

横川シネマを経営する新広島興業が今年秋にも、経営から撤退することが分かりました。

若手芸術家が集まる街にとっての中核施設の一つであり、地元の横川商店街振興組合は運営を引き継ぐ方針を決めました。

映画を上映し、地域イベントも開くホールとして存続させます。

横川商店街振興組合が所有する建物を、新広島興業が借りるかたちで運営していました。

今年7月、新広島興業が組合へ撤退の意向を伝えました。

新広島興業によると、経営者の高齢化とデジタル化への対応の遅れが原因だそうです。

計画では、新広島興業は、11月末に経営をやめます。

当面は溝口徹支配人が引き継ぎ、映画上映を続けます。

横川商店街振興組合は、来年夏以降に改修します。


客席128席のうち約50席分を減らし、舞台を設置。

デジタル対応の映写機器や空調設備を更新します。

改修費用は、少なくとも5千万円。

国や市の補助金などを当て込みます。


横川シネマは、1999年に開館。

大手シネコンの進出で、既存の映画館が姿を相次いで消す中、熱心なファンに支えられてきました。

若者たちが、国産初の乗り合いバスの復元に取り組む横川商店街を舞台に製作した映画「横川サスペンス」(2005年)も上映。

「アートに優しい街」を目指す横川のイメージづくりをリードしてきました。


村上正理事長は「横川の文化拠点を残したい。改修後は利用者に喜ばれる施設のあり方を考えていく」として、アンケートなどで需要を探る考えです。


大きな地図で見る

横川シネマ

住所: 〒733-0011 広島県広島市西区横川町3丁目1−12

電話:082-231-1001

メールアドレス:cinema-st@mx41.tiki.ne.jp
横川シネマ、横川商店街振興組合が運営! 横川シネマ、横川商店街振興組合が運営! Reviewed by I Kinoshita on September 02, 2013 Rating: 5
Powered by Blogger.