世界サンタクロース会議

Tags

世界各国のサンタが集まる「世界サンタクロース会議」が天草市で開幕しました。

グリーンランド国際サンタクロース協会の公認サンタ15人が天草空港に降り立ちました。

天草エアラインの特別便で到着したサンタたちは、イルカの親子をあしらった機体の前で記念撮影。

ロビーに集まった約千人の親子連れと握手を交わし、写真撮影に応じました。

サンタの仮装で出迎えた榎田彩花さんは「本物はひげが長くて、手が大きかった」と感激。

日本唯一の公認サンタ、パラダイス山元さんは「温かく迎えてもらいうれしい。ほかのサンタも喜んでいます」と話してくれました。


北極に一番近い世界最大の島、グリーンランド(デンマーク領)には、永遠の命を持つ長老サンタクロースが今も住んでいると言われています。

世界中の子どもたちに長老サンタクロース一人でプレゼントを配るのが厳しくなった今から56年前「グリーンランド国際サンタクロース協会」が設立されました。

世界各国で、長老サンタクロースの補佐をする公認サンタクロースが代わってその任務にあたり、クリスマスに関わる様々な歴史や文化を各国ごとに大事に継承しています。

グリーンランド国際サンタクロース協会では、世界中から「サンタクロース」にふさわしい人材を「公認サンタクロース」として認定しています。

また、毎年一回デンマークの首都コペンハーゲンで「世界サンタクロース会議」を開催、各国の公認サンタクロースが集まり、様々な問題を討議しています。


この催しを通じてクリスマスの正しい過ごし方の啓蒙、教育をすることにより、子供達の情操教育にも役立っています。

アジア圏から唯一の公認サンタクロースとして活動を続けるパラダイス山元氏が、小山薫堂氏から誘われ天草を来訪した際「約450年前に西洋文化が到来すると同時に、以来、困難な時代にあってもクリスマス(霜月祭)を欠かさず祝い続けてきた天草こそ『家族の絆』を確認しあう本来のクリスマスを考えるにふさわしい地域である」と小山氏に打診。

小山氏は「天草のやさしさこそ世界に発信できるはず」と提案し「世界サンタクロース会議in天草」の開催に向けてプロジェクトが動き出しました。


主催 : 世界サンタクロース会議in天草運営委員会(天草海道フェスタ実行委員会内)

後援 : グリーンランド国際サンタクロース協会

事務局 : (一社)天草宝島観光協会 電話:0969-22-2243

Related article