メガソーラー建設!福島空港

Tags

福島県は、福島空港に大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設すると発表しました。

年間発電量は、約120万キロワット時で、2014年3月の運転開始を目指します。

2ヘクタールの敷地に30種の太陽光パネルを設置します。

発電量は、一般家庭330世帯分の年間使用電力量に相当します。

事業は、福島県が設立した福島発電(福島市)が担います。

総事業費は、3億~4億円で、福島県民参加型ファンドの活用や民間企業の資本参加を募り、利益を地域に還元します。

福島県は、福島第1原発事故を受け、福島県内の原発全基廃炉を国に求めています。

メガソーラー事業を原発に代わる再生可能エネルギー発電事業の柱に位置付け、地域主導による発電事業を推進します。


佐藤雄平知事は「福島空港メガソーラーは県復興のシンボル。再生可能エネルギーの先進地を目指す」と話しました。


大きな地図で見る

福島空港 福島県石川郡玉川村北須釜はばき田21 ‎TEL 0247-57-1511

Related article