新庄そばガールズ!最上早生!

Tags

新庄産そばをPRする「新庄そばガールズ」の2期生11人が、活動をスタートしました。

新庄そばガールズは、山形県新庄市役所、地元農協、山形県農業大学校(新庄市)などに所属する18~31歳。

「最上早生」という品種の産地として、そばどころ村山地方に負けずに新庄をアピールしようと、昨年初めて結成されました。

2期生の任命式がこのほど、新庄市役所で行われました。

山尾順紀市長が「おいしい新庄のそばをPRし、市全体を応援してください」と激励しました。

吉本興業「山形住みます芸人」の三浦友加さんが昨年に続き参加するほか、今期は一般公募の2人も加わりました。

その一人で、仙台市から夫の転勤で引っ越してきた小斎真知子さんは「新庄を盛り上げるため、たくさんの人にそばを食べてもらいたい」と話してくれました。


新庄そばガールズは、9月11日、仙台市青葉区の勾当台公園市民広場で開かれるイベントを皮切りに、11月3日の「新庄そばまつり」などで活動します!


新庄そばガールズ

新庄のおいしいそば「最上早生(もがみわせ)」を全国に向けてさらにアピールし、「新庄そばまつり」を大いに盛り上げるべく、新庄市職員、農協職員、農業大学校の学生で構成される女子グループを結成しました。

平成25年8月2日、新庄そばガールズ(第2期生)が結成されました!

今年のメンバーは、一般公募枠で2名、新庄市農協さんと新庄もがみ農協さんから1名ずつ、山形県立農業大学校さんから2名、新庄市役所4名と「しんじょさ、あべ!部長」三浦友加さんの計11名です。

新庄のそばや新庄そばまつり、はたまた新庄市のPRにおいても大活躍してくれることでしょう。

今年の活動も、「“新庄そばガールズ”活動日誌」で随時ご紹介していきます。

お楽しみに!

Related article